デヨング不在も好調ベローナに快勝・本田の2ゴールで逆襲許さず

 難しいシュートだったわけでは全くない。それでも諦めないベローナを二度までも退けたのは、間違いなく本田圭佑だった。ここまで6位と好調な相手の敵地に乗り込んだミランは、互いに主導権を握るまでには至らない膠着状態で迎えた21分、オウンゴールというラッキーな形で先制。巻き返しの狼煙を上げようと前がかりになる相手に対し、本田が2つの追加点を叩き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

攻撃機能せず格下チェゼーナにもドロー

 前節エンポリ戦に続いて序盤に失点したミランは、明らかに格下として振る舞うチェゼーナに勝ち越すことはできなかった。楽にボールを持たせてもらいながら相手の守備を崩すことはかなわず、ゴールはコーナーキックからの1点のみ。結局、昇格組相手の2連戦では1勝もできなかった(第5節 ミラン 1-1 チェゼーナ)。  ついうっかりしていて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏兵エンポリから主導権奪えず・トーレス初ゴール、本田は同点弾

 勝利が求められる試合だったが、ミランは序盤から立て続けに失点してしまう。前半終了間際に初先発のトーレスが1点を返すも、エンポリのスピーディな攻撃に押し込まれ、主導権を握ることができなかった。57分には本田が今季3点目となる同点弾を決めたが、最後まで勝ち越すには至らなかった(第4節 ミラン 2-2 エンポリ)。  前節のユ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピルロ不在でも地力に差・ミラン3連勝ならず

 ホームに昨季の覇者ユベントスを迎えた第3節は、無失点のまま今季初の敗北にーー。攻撃では開幕2連勝の勢いを見せられず、守備ではピルロのいない相手に数多のチャンスを許してしまう。結果こそ0-1の最小スコアだったが、小さくない地力の差を感じさせた(第3節 ミラン 0ー1 ユベントス)。  主将のボネーラを出場停止で欠き、さらに負傷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インザーギの意図をメネズが実践・本田も今季2ゴール目

 4年ぶりの開幕戦勝利で勢い込むミランは、PKあり、退場あり、オウンゴールありのすったもんだの末、パルマ相手に5-4で勝利した。新戦力のメネズが楔役としてチームを牽引し、前節ラツィオ戦に続いて大量得点を叩き出している。不用意な失点グセは相変わらずだが、昨季までの手詰まり感が見られない攻撃には、インザーギの意図が浸透しつつあることを感じさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀河系再来の予感とクロースの相棒

ハメス・ロドリゲスとクロースを加えた新生レアルマドリーは、2-0で今シーズン初のタイトルをものにした。ワイドかつ正確なカウンターアタックで挙げた先制点は、銀河系軍団の再来を予感させるに十分だった。 UEFAスーパーカップ(レアルマドリー 2-0 セビージャ)  スーパーカップと呼ばれる一連の試合は、開催時期からしてどうにも妙…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オランダの変わり身と自信家ファンハールの離れ業

 もはや5バックでもゼロバックでもない。代えの利かないデ・ヨングを失ったオランダは、死のグループを勝ち上がってきたコスタリカを120分の戦いの末に下した。自陣に立てこもった相手のゴールを割ることは最後までできなかったが、一方で自信家ファンハールはPK戦のためだけにゴールキーパーを代える離れ業で勝利をモノにしている。(準々決勝 オランダ0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more