先が思いやられる岡田ジャパンの攻撃

昨日のチリ戦。遠藤にしても中村憲にしても、オシム時代の危機感がみられないプレーに終始したと思う……という話を高スポへ。


以前の彼らなら、無理をして前線に飛び出していくこともあったのだが、昨日の試合ではチリのプレスにお付き合いしてしまった感は否めない。彼らの意思なのか、岡ちゃんの指示なのかはわからないが、全体的にポジションが固定してしまっていた。いくつかは効果的なプレーがみられたとはいえ、あまりにもチャレンジ(=動き出し)が少なかった。

中盤の動きがなくなれば、後はサイドバックに多くが期待される。相手のプレッシングサッカーのなかでFWは不自由になり、彼らは下がってボールを受けようとする。パサーがサイドチェンジでも試せばまだよいが、これがないからサイドバックは上がれず、陣形は中央に寄りがちになり、結果的に間延びする。しかも、中盤の底を鈴木啓太1人で支えようという戦術なのだから、サイドバックの意識が守備に傾いても仕方ない。このジレンマを理解していたのはセンターバックの中澤で、時折、オーバーラップを仕掛けていた。阿部はたぶん、駒野の裏をケアして自重したのだろう。

いずれにしても、鈴木がDFに吸収されてしまうこと、内田のオーバーラップが出遅れることは、彼らの問題ではないはずだ。まともなディフェンスの意識があるからこそ、結果的にそうなる。非難されるべきは中盤のパサー2人であり、彼らを送り出した監督だろう。山岸はもう少しクレバーだと思ったのだが、期待された役割(=飛び出し)をこなせなかった。羽生が入って変わったのは、誰の目にも明らかだったろう。

コンディションなどいろいろ要素はあるだろうが、チリ戦をみる限り、オシム時代からの方向転換は明らかだ。両サイドを広く同等に使い、果敢な動き出しと速やかな玉離れで、攻撃を仕掛けていく。それこそがオシムの試みだったはずだ。チリ戦は、お互いが高い位置でのボール奪取をめざし、結果的に日本が遅れをとったと思う。攻撃面でも、サイドを効果的に使う意図はチリのほうが明白だった。それでもチャンスの数で上回ったのは、テクニックとコンビネーションの差だろう。

先が思いやられる・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック