チリに残るビエルサの遺産と変われないオーストラリア

 注目しているのは、もちろんチリの方だ。「変人」ともいわれるビエルサ前監督の遺産は確かに受け継がれており、小兵ともいえる選手たちがみせるアグレッシブさには頭が下がる。ボールへの執着心は極めて強く、ランニングも球際の競り合いも、誰ひとりとしてサボらない。単調になりがちな攻撃を、バルディビアのダイレクトパスが彩っていた。
(グループB・第1節 チリ 3-1 オーストラリア)


 序盤から立て続けに入った2ゴールは、オーストラリアの脆さを露わにした。彼らのディフェンス陣は唐変木で、チリのスピードに思考がついて行ってない。戦術的な準備が足りていない印象で、普段からデカさと強さに頼っているのは相変わらずなのだな、と感じられた。
 とはいえ、それでも前半のうちに1点返せてしまうわけで、そのへんが彼らが変われない理由かもしれない。やってることは日本以外の女子サッカーみたいなのだが、相手によっては十分に成果を挙げられてしまう。オセアニアからアジアに引っ越してきて少しは変わるのかと思っていたのだが、今回もそんな様子はみられなかった。思えば兼任だったヒディングも、その点は無理にテコ入れしなかったし。
 後半に入ると、チリが失速し、オーストラリアが押し返すシーンが増える。ディフェンスはベタ引きなのだが、チリには巨人達にロングカウンター狙いを徹底される方がつらいようにみえた。自陣でも敵陣でも1対1を迎えることが多くなリ、敵よりも味方に走らされるケースが増えていく。ビダル、バルディビアを相次いで引っ込めた意図は今ひとつわからないが、結果として苦しい時間帯を耐え忍ぶことになったと思う。前半との変わり様は、いささか不安ではある。
 オーストラリアのグループリーグ突破は想像できない。第2戦で顔を合わせるオランダにとっては、グループリーグを突破を決めるための格好の獲物だろう。
 一方のチリは、終了間際に3点目を挙げたことでかなり優位になった。スペインがオランダに得点を献上し過ぎたからで、彼らにとっては次のスペイン戦が正念場になる。グループリーグ突破を突破するには、ギアをもう一段階上へシフトする必要があるだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック