攻撃機能せず格下チェゼーナにもドロー

 前節エンポリ戦に続いて序盤に失点したミランは、明らかに格下として振る舞うチェゼーナに勝ち越すことはできなかった。楽にボールを持たせてもらいながら相手の守備を崩すことはかなわず、ゴールはコーナーキックからの1点のみ。結局、昇格組相手の2連戦では1勝もできなかった(第5節 ミラン 1-1 チェゼーナ)。


 ついうっかりしていて、序盤を見逃した。気づいた時には前半22分で、スコアはすでに1-1。相変わらず慎重な試合運びができていないのかと嘆息する。
 先発の布陣は、前節エンポリ戦で途中から試した4-2-3-1だった。ちょうどポーリを投入した後半スタート時がベースとなっており、ボネーラがラミに代わったかたち。ムンタリではなくポーリを選んでいる点も含め、かなり攻撃に傾いた顔ぶれといえる。個人的には前線にエルシャーラウィがいないのは気になるところで、左サイドの序列はエルシャーラウィよりボナベントゥーラということなのだろうか。
 なお、試合後にダイジェストで確認すると、失点は10分で、ポーリのカバーリングが遅れて何のことはない場面でチャンスをつくられたもの。一方で得点は19分で、右のコーナーキックからだった。本田の蹴ったボールを、ゴールのほぼ正面でラミが競り勝ち、ヘディングで合わせている。ラミの得点力は高い、と改めて思った。


 前半はほぼミランがボールを支配していたが、勝ち越しの2点目は挙げられない。相手の守備が淡白なせいもあり、トップ下のメネズが予想以上に機能していた。29分には、コーナーキックのクリアボールを得た後で強引につっかけていき、そのこぼれ球をボナベントゥーラがシュート。続く32分には、左サイドでボールをキープした後、ゴール正面右にいる本田へグラウンダーのパスを通した。いずれのプレーも得点にはつながらなかったが、何だかんだ言ってチャンスメイクをしているのはメネズ一人という印象。それなりにうまくいっていたわけだが、本田やボナベントゥーラはどうした!という気にさせられた。格下相手なら良いが、いかにも攻撃の幅がない。
 というか、現実にはチェゼーナから大物扱いされたのが大きかったと言わざるを得まい。彼らは、自陣に引きこもるがボール奪取の戦術は洗練されておらず、いざ奪ったときも攻撃に人数をかけなかった。先制点もそのやり方で挙げたので、リードを許すまではとくに無理をする必要はないという姿勢に映った。

 1-1のまま後半に入っても、ボールを持たせてもらえる展開は変わらなかった。チェゼーナは明らかに我慢比べに来ていて、ボールを奪っては3人程度でカウンターを仕掛けるのみ。怖さはないがポーリのポジショニングが危なっかしく、シュートまで行かれるシーンもみられた。
 しかし、変化がないのはミランの攻撃も同じで、パスで崩すようなシーンはなく、基本的には個人がつっかけていくだけ。メネズのトップ下には限界を感じたし、現状ではボナベントゥーラも期待に応えてはいない。4-2-3-1の布陣が、むしろスペースを自ら消すことにつながっているという印象も受けた。
 一方、これまでは早い段階で動いてきたインザーギだが、元から攻撃的な布陣だったせいもあったのか、ようやく動いたのは71分だった。トーレスをパッツィーニに代え、ポーリを下げてエッシェンを送り出す。この交代で「なぜエルシャーラウィを投入しない?」と頭を抱えたのだが、その直後にサパタが一発レッドで退場に。個人的には微妙に見えたが、ゴール正面で抜け出した選手に対するファウルと判断された。こうなっては代わりのセンターバックを投入せざるを得ず、インザーギは本田を下げてアレックスを投入した。
 ミランにとっては、十分消耗したこの段階で1人減るのは致命的で、敵陣で攻め切れなくなり、チェゼーナはここぞとばかりに攻めてくる。何度か危険な場面もつくられ、結局のところは、勝ち越せなかったというより同点で逃げ切ったという方が相応しかったかも知れない。

 もちろん単なる想像に過ぎないが、インザーギはこの試合で3得点以上の大勝を狙っていたのかもしれない。同じ昇格組ではあっても、チェゼーナは前節のエンポリより明らかに与し易い相手だったし、勝てなければ格下相手に2試合続けて勝ち点を取りこぼすことになってしまう。仮に批判の声が高まる守備面の問題を隠したかったのなら、デヨングの相棒をポーリに任せる判断はなかったのではないか。
 しかし、現実にはこの試合によって攻撃面の課題が明らかになってしまった気がしてならない。チャンスがなかったとは言わないが、相手を崩し切れず、無理なシュートを打たされる場面が多かった。これまで得点を重ねてきたとはいえ、メネズと本田を併用するのは微妙に思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック