テーマ:ミラン

デヨング不在も好調ベローナに快勝・本田の2ゴールで逆襲許さず

 難しいシュートだったわけでは全くない。それでも諦めないベローナを二度までも退けたのは、間違いなく本田圭佑だった。ここまで6位と好調な相手の敵地に乗り込んだミランは、互いに主導権を握るまでには至らない膠着状態で迎えた21分、オウンゴールというラッキーな形で先制。巻き返しの狼煙を上げようと前がかりになる相手に対し、本田が2つの追加点を叩き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

攻撃機能せず格下チェゼーナにもドロー

 前節エンポリ戦に続いて序盤に失点したミランは、明らかに格下として振る舞うチェゼーナに勝ち越すことはできなかった。楽にボールを持たせてもらいながら相手の守備を崩すことはかなわず、ゴールはコーナーキックからの1点のみ。結局、昇格組相手の2連戦では1勝もできなかった(第5節 ミラン 1-1 チェゼーナ)。  ついうっかりしていて、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伏兵エンポリから主導権奪えず・トーレス初ゴール、本田は同点弾

 勝利が求められる試合だったが、ミランは序盤から立て続けに失点してしまう。前半終了間際に初先発のトーレスが1点を返すも、エンポリのスピーディな攻撃に押し込まれ、主導権を握ることができなかった。57分には本田が今季3点目となる同点弾を決めたが、最後まで勝ち越すには至らなかった(第4節 ミラン 2-2 エンポリ)。  前節のユ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピルロ不在でも地力に差・ミラン3連勝ならず

 ホームに昨季の覇者ユベントスを迎えた第3節は、無失点のまま今季初の敗北にーー。攻撃では開幕2連勝の勢いを見せられず、守備ではピルロのいない相手に数多のチャンスを許してしまう。結果こそ0-1の最小スコアだったが、小さくない地力の差を感じさせた(第3節 ミラン 0ー1 ユベントス)。  主将のボネーラを出場停止で欠き、さらに負傷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インザーギの意図をメネズが実践・本田も今季2ゴール目

 4年ぶりの開幕戦勝利で勢い込むミランは、PKあり、退場あり、オウンゴールありのすったもんだの末、パルマ相手に5-4で勝利した。新戦力のメネズが楔役としてチームを牽引し、前節ラツィオ戦に続いて大量得点を叩き出している。不用意な失点グセは相変わらずだが、昨季までの手詰まり感が見られない攻撃には、インザーギの意図が浸透しつつあることを感じさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベッカムは一服の清涼剤だった

そして誰もいなくなった、と呟きたくなるようなミランの現状である。 世界一のキャプテン(=マルディーニ)が引退したというのに、 クラブは看板選手(=カカ)を売り払ってしまった。 そして昨シーズン、チームの変革に最も貢献した新戦力(=ベッカム)は、 初めから去ることが決まっていた。 極めつけの緊急事態にクラブ首脳はアンチェロッ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

松井とダブル中村の共存は?

忙しくて、サッカー中継もろくにみられない。 わざわざ録画しても、みてよかったと思える試合は少ないし。 というわけで、高スポへオーストラリア戦について。 ほとんど格付けは、決まったかな。 日本はオーストラリアより弱い。 絶対勝てない相手ではもちろんないが、 10戦やって勝ち越せるとは思えない。 松井は相変わらず、トリ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

五輪代表監督を養成のためのポストとするな

 U-22代表は、本当につまらない。前の世代もそうだったが、なにせ消極的な姿勢がめだつ。結局のところ、小賢しい彼らは、監督の顔色ばかりみているのだろう。その意味で、協会にはいい加減、五輪代表監督の座を若手日本人の修行ためのポストと考えるのは、やめてほしい……というわけで、高スポに反町批判を投稿。やっぱり、日本人が五輪を特別視する以上、彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミラン優勝と帰ってきたアネルカ

ようやく、高スポ★オンラインへCL決勝について投稿。 そういえば、決勝戦を前にして「カカを抑えれば一発じゃん!」とリバプール優勝を予想したJリーガーもいたそうだが、まったくもって笑わせる。 サッカーがロジックで解けると思ったら大間違いだ。 リーグ戦でペナルティを受けていたミランにとっては、いずれにせよ、望み得る最高の結果だったろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローマへのエール

拝啓 ASローマの皆様。このたびはインテルの無敗優勝を阻止していただき、感謝の念にたえません。当時とは勝ち点制が異なるといえ、危うくわがミランの無敗優勝の偉業が霞んでしまうところでありました。できれば今年こそ、リーグ優勝をと祈念しておりましたが、そんな想いがどうでもよくなるほど、ファンタスティックで心躍るサッカーを見せていただいておりま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ロナウドの口と問題山積みのミラン

 長い長い冬眠から覚め、ようやく高スポへ新たな記事を投稿。今回はロナウドのミラン移籍についての話(「ロナウド活躍は諸刃の剣に」)であります。よろしければ、どうぞ。  さて、ワタクシはロナウドという男が嫌いだ。彼ほどメディアを狡猾に利用するサッカー選手はいないから。古今東西、サッカー界には多くの「鼻つまみ者」がいたが、彼らはプレーと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミランは今から世代交代の準備を

高スポ・オンラインへ、「シェヴァの不在とミランの得点力不足」を投稿。シェフチェンコの何が素晴らしいのかという話と、ジラルディーノらはそれを見習えという話。皆様、ぜひ。 それにしても、ご無沙汰いたしました。この間、オランダ代表の話(ファンバステンとファンニステルローイらとの確執と、お家芸である内紛について)、バルセロナの話(彼ら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミランへの厳罰を望む

 ミランはCLに出場でき、ラツィオとフィオレンティーナはセリエAに残留できるらしい。今後の上級審次第だろうが、大騒ぎした割には何とも軽微な処分だ。  イタリアサッカー協会のスポーツ裁判所というのは、いったい全体どんな機関なのだろう。メディアは「控訴審判決」と訳しているが、日本の裁判制度に比べると、あまりにも迅速な判決である。そもそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミラン対ユーベ

ミラン対ユーべ戦、見る。 後半のユーべは失点しないやり方を徹底。 久しぶりにらしさを見せてくれていただけに、 ガットゥーゾの退場が口惜しい。 ファンのワタクシが言うのも変だが、 シェフチェンコをアンタッチャブルにするのはどうだろう。 今日のデキからいえば、インザーギをピッチに残しておくべきだった。 以前に本人ともめたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユーベ、ミラン、インテル

皆様、たいへんご無沙汰です。 先ほど、ミランの新戦力について高スポ★オンラインへ投稿したところであります。 あまりに久々だったけれど、いざ投稿しようとすると、 そこには御大の真新しい記事が・・・。 悪いとは思いつつも、あっさりと更新したのでありました。 さて、今季のミランがどうこうより、 実は憎きユベントスがビエラを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミランの敗北とマルディーニの去就

ユベントスとの頂上決戦は、1-0の敗北に終わった。 チャンピオンズリーグとの2冠は、絶望的となった。 両者のコンディションの差は歴然だった。 今さらいうまでもなく、ユベントスはタフでタイトなチームだ。 大量得点など望むべくもない。 優雅なパス回しを許すような相手ではなく、 中盤のプレスで彼らと拮抗することが、何より重要だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミランの誤算とPSVの行く末

3-1の敗北は、最強を自認するチームにはふさわしくない。 先制点は、ネスタがパク・チソンのスルーパスを許し、 さらにスタムがヘッセリンクを封じきれなかったことによる。 試合の流れからすれば、 ミスによる失点というより、遂にやられたという感じ。 内容は、完敗だったと思う。 ミランの誤算は、アンチェロッティ監督の誤算だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミラン、ホームで先勝ーーCL準決勝

ミランは強い。 だから、まともにやって勝つ自信がない相手は、 守備に人と時間を割き、彼らに好き勝手やらせないことを心がける。 自分たちの良さを発揮することを捨てて。 セリエAでは、とくにそう。 毎週、つまらない想いをすることになる。 いや、ワタクシが。 ここ数年の欧州サッカーは、以前にも増してその傾向が強まった。 高…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more