テーマ:

原寮「愚か者死すべし」

日本が誇る「遅筆」推理小説家・原寮が、例によって約10年ぶりに刊行した長編。相変わらず全編、チャンドラー節だが、今回はいささかトーンダウンである。 従来の原寮の良さは、物語の中での「時間の流れ」が極めて連続的なことにあった。師匠そのものの練りに練ったろう一言も彼ならではなのだが、個人的には安易に場面を飛ばさないところが原寮の原寮た…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more